大会長あいさつ

大会長あいさつ

 

 

ごあいさつ

 

 

 1997年東京で第1回全国腎疾患管理懇話会が開催されて以来、第42回大会を沖縄で迎えるにあたり御挨拶を申し上げます。

 

 今回のテーマは「透析患者のサルコペニア・フレイル対策を考える ~QOLの向上を目指して~」とさせていただきました。慢性腎臓病患者はサルコペニア・フレイルを伴い易く、特に透析患者においては顕著になることが報告されてきました。そのような背景の中、2011年1月に日本腎臓リハビリテーション学会が設立され、慢性腎臓病患者の運動療法は言うに及ばず、薬物療法、栄養療法などを含めた包括的リハビリの重要性が指摘され、腎臓リハビリを取り入れ実践する施設も増加してきました。第42回大会では透析患者のサルコペニア・フレイル対策をメインテーマとして掲げ、益々高齢化していく透析患者のQOL・ADLの向上に寄与できればと考えています。

 

 講演テーマとしては「サルコペニア・リフレイル」、「沖縄スタディ」、「腎移植までのコーディネイトについて」、「臨床倫理について」を取り上げております。多くの方々のご参加をお待ちしております。

 

 第42回全国腎疾患管理懇話会が皆様方にとって、学習、交流の場として実りあるものになるよう、切にお祈り申し上げます。

 

 

第42回 全国腎疾患管理懇話会  学術大会 in 沖縄

大会長 中村 成男

(とよみ生協病院 内科)

 

TOP